サロンはこちら♪ →→→ http://wisteria-c.com/

携帯からご覧の場合はこちら♪ →→→ http://wisteria-c.com/i/

2014年06月22日

八大龍王幣束祈願祭

昨日、昨年に引き続き切り絵の松本佳代ちゃんに誘われて天神の「勝立寺」にて行われた夏至の大祭「八大龍王幣束祈願祭」にお邪魔しました。

昨年の記事はコチラ → http://salon-wisteria.seesaa.net/article/367233573.html

昨年は生徒さんとともに30枚の白い切り絵を仕上げた佳代ちゃん、今年は16枚で「十六仏」を作ったそうです。すべて佳代ちゃん作。

「松本佳代と切り絵たち」
RIMG0638.JPG

昨年の30枚は4本の竹に四方を囲むように飾られ、16枚の「十六仏」は4本を対角に中央の「天」を中心に4枚ずつ飾られていました。

RIMG0567.JPG

「十六仏」白一色では見えないので背景に様々な色を置いたもの。(佳代ちゃんよりもらった資料)
十六仏.jpg

相変わらず、とてもとても細かくセンスのある仕事です。惚れ惚れ。

昨年同様、白装束の僧侶たちのアップテンポなお経の合唱。(コーラスになってるの!)
神楽殿のような切り絵の結界の中で、それは行われました。
RIMG0639.JPG
この写真で、なんとなく想像がつくと思います。ここに僧侶たちが座って祝詞をあげます。

お経を聞いて、拳を振り上げてリズムを取りたくなるようなのは、本当に新鮮。
どちらが先か分からないけれど、あれこれの起源はきっと同じようなものなのだろうなぁ・・・などと妄想。

本殿のある部屋の周りの廊下(回廊)の天井にはこんな十二支を表したものが。
RIMG0589.JPG
RIMG0601.JPG
もちろん十二支ありました。それぞれに趣向が凝らしてあって見ていて楽しい。

そして天井には梵字・・・
RIMG0610.JPG
オーブも一緒に写っていました。
気持ちのいい空間だったから。

この後、だらだらとお茶をした話はまた後日。

松本佳代ちゃんの作品は、こちらで見ることが出来ます。
おもちゃ箱みたいで楽しいっ♪ 
http://mbbook.jp/310chains/?guid=on
※こちらは携帯で作ったサイトです


posted by ウィステリアあゆみ at 18:50| Comment(2) | 小さい旅・のんびり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
遅くなりましたが勝立寺への参拝ありがとうございました。
当日は忙しく何のおもてないも出来ずもうしわけありません。

いつでもお参りお待ちしてます。
勝立寺
Posted by 勝立寺 at 2014年07月02日 11:20
勝立寺さま

こんにちは。
コメントありがとうございます。

おなかに響く太鼓や銅鑼やお経。
高く鳴り響く木剣。(ラ→ファ、ラ→ファと聴こえていました)
楽しいという表現は不謹慎かもしれませんが、なんだかロックコンサートの後のようなスッキリ感が残る大祭です。
素敵な時空をありがとうございました。
Posted by ウィステリアあゆみ at 2014年07月02日 15:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。