サロンはこちら♪ →→→ http://wisteria-c.com/

携帯からご覧の場合はこちら♪ →→→ http://wisteria-c.com/i/

2014年04月09日

白い粉

ここ数日、昼間25℃前後にまでなっている福岡です。

そんな中、メールや電話では交流しているもののお会いするのは久しぶりの方。

公共機関を使ってJR竹下駅からお散歩して来てくださいました。
竹下駅から徒歩12分程度です。
(注)博多駅からバスの便がよいので、サイトには博多駅からのルートを載せています。

途中まで歩いて向えに出てると、なんだか「わっせわっせ」と歩いて来られました。

サロン到着後、ニッコリしながら背中のバッグから出してきた白い粉。

ひとーつ

ふたーーつ

みーーーっつ

まだまだーーーーー!

RIMG4885.JPG

なんということでしょう!!

重たかったろう!?!? ざっと6kgくらいありそうです!!

彼女は塩屋さんでも重曹屋さんでもありません。
以前「暮らしの中で何があれば、便利?」と聞かれた時に「塩と重曹!」と答えていたのです。
「内祝いと遅くなったけどアレコレ!」と。
ありがたすぎますっ!!!
面白がって色んな塩を選んでくれたような。。。それぞれに味比べが出来そうです。

もう、嬉しいやら有難いやら、あまりの量に大受けするやら。
本当にありがとう。

帰りの背中は軽かったよね?

塩と重曹は、料理以外にも掃除・洗濯・お風呂・洗髪・歯磨き・・・などなどで大活躍!
我が家には無くてはならない、必需品なのです。


posted by ウィステリアあゆみ at 23:55| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

お気に入りの器が増えてゆく

2年半ほど前、ネットを通じて知り合いになった長崎県波佐見町の手づくりの食器屋さん「松原工房」の器が、少しずつ着実に我が家の食器棚の中で増殖しています。

松原工房は、波佐見焼と有田焼の昔ながらの技術で作っておられます。
工房に一度、その後新たに出来たストアに一度お邪魔させてもらいました。
工房では、ひとつひとつ丁寧にろくろで製作されていました。
松原工房の器は磁器です。
綺麗な色のカラフルな表情と、丁寧に作られた口当たりの良さが気にいっています。
口当たりってとっても大事だと思うんです。毎日毎食のことだから。
そして全て無鉛の絵の具を使っています。
食べ物を入れたり、直接口をつけたりするからこれって大事なことだと思うんです。

通年ではないけれど、時々ネットストアが開催されます。(ただ今、開催中)

今回ネットストアで自分へのクリスマスプレゼントとして器を2種4点購入。
RIMG1655.JPG
「とんすい」と「しょうゆ皿」
しょうゆ皿の色を写したいあまり、とんすいの外側の色が暗くなってしまいましたが、とても綺麗なミントブルーです。
意識していたつもりはないのだけれど、並べて見るとウィステリアのテーマカラー(薄紫と水色)に近い色合いになってるわ〜。
実は今回、ちょっとチャレンジャーな買い方になってしまいました。
知っている人だからこそ、チャレンジャーだということを備考欄に書いてネットでお買い上げ。
大笑いして、注文を受けたそうです。
届くまでワクワクでした。
その時のことは、松原工房のブログに掲載されてしまったほど。
(ブログのネタを提供してしまいました〜)
気になる方は、松原工房のブログで探してみてください。(名前は出てません)

毎日使うモノは、お気に入りが嬉しいし楽しい。


ウィステリアからお嫁に行った子たちも、それぞれの方のお気に入りになってくれていたら嬉しいなぁ。

福岡のプライベートパワーストーンサロン Wisteria(ウィステリア)
posted by ウィステリアあゆみ at 23:59| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月29日

ゆずの種の化粧水

お気に入りの『かっほー馬古屏(まごへい)』で大きなビニール袋に料理用のおたまが突き刺さった状態で「ご自由に劣りください」と、どどーんとゆずの種が置いてあったので、一緒に置いてあった小さなビニール袋に入れてもらってきました。

噂の『ゆずの種の化粧水を』作ってみようと思いネットでレシピを調べると、20度または30度の焼酎に漬け込むと鬼のようなことが書いてあります。
1〜2%くらいまでのアルコールならまだしも、20度直接なんて、私には無理。
ビールの度数ですらパッチテストでアウトだから。。。
あれこれ調べていると、少量ずつ水だけで作る方法がありました。
あくまでも少量ずつ、冷蔵庫保管で。

水洗いをしたあとザルにとって・・・
RIMG1462.JPG

いくつかを取り分けて水に漬けて、蓋をして冷蔵庫へ。
RIMG1467.JPG

残りは天日干しするべく、バットに並べました。
RIMG1469.JPG

種をきちんと乾かせば、長期保存が可能のようなので・・・
もし途中でカビが発生したらその時は潔くさようならせねばなので、カビが発生しないことを祈るのみ。

そういえば、何か所の道の駅では乾燥させたゆずの種を、焼酎で作る化粧水のレシピとともに販売していました。
きれいに乾燥できればいいなぁ。。。

ちゃんと化粧水らしきものが、できるかなぁ〜(^^)

通常、へちま水(宮若産を見つけた!)とシアバターまたは椿油(直方の上野産を見つけた!)を気まぐれで使ってます。
おねえさんの香りがするケミカルなのは・・・人工的な香りも苦手なのですが、皮膚が嫌がります。


福岡のプライベートパワーストーンサロン ウィステリア
posted by ウィステリアあゆみ at 23:57| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。